チャップアップの全70種類の成分を調査して分かった育毛効果

チャップアップ 成分

グリチルリチン酸ジカリウムの成分を検証する

更新日:

グチルリチン酸ジカリウムの成分について解説

今回は育毛剤や化粧品、医薬品等によく配合されている成分「グリチルリチン酸ジカリウム」がどのような成分なのか検証します。

グリチルリチン酸ジカリウムって何?

グリチルリチン酸ジカリウムとは、古くから漢方の原料として広く知られ、甘草(カンゾウ)という植物に含まれる成分であり、グリチルリチン酸とカリウムの融合体です。
さまざまな表記があり、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸K2、グリチノンK2、グリチルリチン酸2K などとも呼ばれています。

抗炎症作用があり、発毛効果のあるグリチルリチン酸ジカリウム

古くから甘草(カンゾウ)が漢方として用いられてきたのは、グリチルリチン酸ジカリウムに抗炎症作用や抗アレルギー作用があるためでした。

皮脂の過剰分泌が毛穴を詰まらせ、炎症を起こしてしまいます。また、乾燥肌の方や敏感肌の方はシャンプーが頭皮に合わず、アレルギーを引き起こし易くなります。

このためグリチルリチン酸ジカリウムは、頭皮の炎症を防止し、抗アレルギー作用によりフケやかゆみを予防することで薄毛対策のため育毛剤に用いられることが多いのです。

グリチルリチン酸ジカリウムは高い殺菌効果を有す

頭皮に脂が溜まってしまうと、雑菌が繁殖により炎症を引き起こし、このことで発毛に悪影響与えてしまいます。また、敏感肌や乾燥肌の皮脂不足は、頭皮のバリア破壊し雑菌に対する耐性が脆く頭皮にダメージが受けやすくなるため、菌が繁殖し易くなるのです。

これらどちらのパターンでも雑菌の繁殖により、頭皮のかゆみを生じてしまい、無意識に掻きむしってしまいます。このため頭皮が炎症しフケが出やすくなるのです。

グリチルリチン酸ジカリウムには、高い殺菌効果があります。雑菌の繁殖を防ぐことで頭皮が清潔に保たれ、頭皮環境を変えることで、発毛させやすい状態にできるのです。

また、グリチルリチン酸ジカリウムにはマクロファージ(白血球の一種)を活性させる作用があります。マクロファージには細菌やウイルスを破壊してくれるので、頭皮の環境を健康に保つ働きをしてくれます。

カリウムが毛母細胞の機能を活性化

毛髪は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長します。

カリウムには、細胞の浸透圧の維持と細胞分裂、細胞の成長、そして エネルギー代謝に大きく寄与します。 つまり、カリウム不足が、毛母細胞の細胞分裂に影響し、 発毛にも悪影響になるといえるのです。

グリチルリチン酸ジカリウムにはカリウムが含まれるため、カリウムの働きによって、毛母細胞の機能の正常化に効果が期待できると考えます。

グリチルリチン酸ジカリウムの成分まとめ

これらの抗炎症・抗アレルギー作用が有している、グリチルリチン酸ジカリウムは育毛・発毛において欠かせない成分であり、育毛剤に多く配合される理由なのでしょう。

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

-チャップアップ 成分
-

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.